ファッションについて

ファッションについて

MENU

ファッションショーとは?

【服飾の作品発表】または、
【流行創出】
【販売促進】
などのファッション文化に対する供給を企画し、
ファッションモデルにそのスタイルをさせて、
観衆へ提示、アピールすることを
ファッションショーと言います。

 

 

 

イベントなどだと、
パリコレクションや、
ファッションウィークなど、

 

世界各国でファッションショーが行われています。

 

 

 

 

 

私達も普段、
ファッションショーをすることがありますよね。

 

単純に言えば、

 

「今日のこの服装どう?」と、
第三者の意見を求めたり、見せたりすることも、
ファッションショーだと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

ファッションショーという文化は
ファッション文化が盛んになった頃、
あまり見られない現象でした。

 

 

 

 

服は身を隠し、守るものであり、
「オシャレ」という意識があまり強くない時代には、
ファッションショーは生まれていません。

 

 

 

貴族など位の高いものが、
ファッションを「オシャレ」と認識するようになり、
ファッションを仕立てる
「仕立て屋」は、

 

独自のコレクションを発表するようになったのが、
ファッションショーの始まりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

多様なファッションが生まれた時代、
ファッションは自由で多様なものだと
意識が高まり、
ファッションショーという文化も
広まっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

現在のファッションショーは、
デザイナーやファッションショーの
企画担当者たちが、

 

コンセプトを決め、
流行やコンセプトのファッションを取り入れながら、
進められていきますよね。

 

 

 

 

 

規模は様々ですが、
日本全国でも毎年多数行われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリコレクションと言えば、
歴史の長いファッションショーの象徴ですが、

 

今の時代の方は、
パリコレクションのようなファッションショーの
スタイルを重視せず、

 

身近にあるファッションショーや、
ファッション雑誌でのスタイルを
取り入れる方が多くなりつつあります。

 

 

 

 

 

ですが、私たちが普段着ている、
ファッションも、

 

実はそういった
パリコレクションのような大元の
ファッションショーから生まれたもので、

 

 

ファッション雑誌などに載っている
「オシャレのブーム」は、
後からついてきているものだと思います。

 

 

現代のファッションショーの原点と言えば、
パリコレクションだと言えるんじゃないでしょうか。