ファッションについて

ファッションについて

MENU

メンズファッション

戦後の日本では、
徐々に、フランスやパリの影響を受け、
ファッション文化が活発になりました。

 

そして、そのファッション文化が
活発になった要因とも言えるのが、

 

テレビや映画、小説などの娯楽も増え、
その主人公たちに憧れる人が増えた、
ということではないでしょうか。

 

 

【ファッションのマネ】が
始まった時代です。

 

 

 

 

特に男性は、
登場人物の生き様や服装に強く
憧れを持つ若者が増え、
髪型や服装は、似たような人ばかりいたそうですね。

 

 

 

 

 

1960年代になると、
メンズファッションは急激に進化し、
今までの歴史の中で、
今日にいたるまで、
影響力の高いメンズファッションを
生み出した時代です。

 

 

 

 

 

日本全土が高度経済成長期を迎え、
メンズファッションのバリエーションも一気に広がりました。

 

 

 

 

有名なものが、
【アイビールック】という、
VANというブランドを中心とした、
メンズファッションブームです。

 

 

 

そこからは急速に移り変わりを見せます。

 

ビートルズの来日による、
【モッズスタイル】や、

 

 

【サイケファッション】
【ヒッピー】など、

 

【ラッパズボン】と呼ばれる、
作業着のようなジーンズがブームになったりもしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンズファッションは、
女性のファッションよりも、
分類が多く、一度ブームになったものは、
長く愛され続けているような印象を受けます。

 

 

 

 

 

「おしゃれに興味が全くない」という
男性の方も多いかもしれませんが、

 

 

メンズファッションほど、
おしゃれに特化したファッションは、
ないと思います。

 

 

 

 

メイクや髪型のバリエーションが少ない分、
服装はニーズへの供給も多いんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

メンズファッションブランドなど、
メンズファッションブームが巻き起こった当時の、
「生き様や生き方を真似する」という風潮が、
強く現われている気がします。