ファッションについて

ファッションについて

MENU

レディスファッション

多くのファッションが、
デザインや文化の流れによって、
文化全体よりも
早く移り変わってしまうという傾向があります。

 

 

 

「流行」や「時代」に則り、
【ファッショナブル】なファッションが、
その最先端を突っ走り、
時代と共に移り変わっていきます。

 

 

 

 

 

服装の他にも、
装飾品やアクセサリー、髪型やメイク、
香水など、

 

視聴覚全体を意識し、
その時代のライフスタイルを変化させていくのが、
ファッションです。

 

 

 

 

 

 

 

特にレディスファッションは、
そういった移り変わりの流れが、
特に早いような気がします。

 

 

 

ファッション雑誌や、ファッションモデルも増え、
ファッションショーも行われ、

 

ファッション産業界では、
やはり女性の方が、
移り変わりが激しいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ロンドンやニューヨーク、
パリや東京などの、
大手ファッション企業は、
そのブランドやファッションデザイナーの
本拠地となっていて、

 

世界中のファッションに影響力を
持っています。

 

 

 

 

パリコレクションなどの
ファッションショーが特に
ファッションへの影響が一番高いですよね。

 

 

 

 

 

 

日本は、世界よりも少し遅く、
ファッションの歴史を重ねています。

 

 

 

1600年頃に日本に来訪したスペイン人の方は、
「日本の衣服は1000年以上変わらない」と
言われたそうですし…

 

 

 

 

大昔は、
「ファッション」を意識するのは、
主に男性のみで、

 

女性はファッションの定義も定着していたんですよね。

 

 

 

 

 

マリー・アントワネットのような、
女性のファッションリーダーとも呼べる、

 

美しい女性が現われたことは、
日本のレディスファッションへの変化を
もたらすきっかけとしても
大きい出来事だったんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

高級ブランドが次々と現れ、
若年層向けのセレクトショップのブームなど、

 

 

ファッションの変化はめまぐるしいものがありますが、
特に女性のファッションに対する意識の
移り変わりは、

 

男性の倍以上あると思います。

 

 

 

 

 

私が思う今の
レディスファッションリーダーと言えば、
【レディー・ガガ】です。

 

 

 

 

誰もしたことがないような
独特なファッションを作り出し、

 

 

自分を最大限アピールできる服を
作り出しているレディーガガは、
女性の憧れだと言えるんじゃないでしょうか。